INFO

2017.12.26

【延期します】1月22日(月)ENGLISH CAMP x POLYGLOTSトークセッション:2018年の英語学習はここから!ソニー、電通、BCG、JICA、総合商社勤務のグローバルビジネスパーソンが語る、「国際英語の現実」と「ムダのない英語勉強法」

※こちらのイベントは大雪のため延期します。代替日については後日掲載します。

1月22日(月)に英語学習に関するトークセッションを開催します。

最近はオンライン英会話やスマホの英語学習アプリなども増えていますが、英語を話せる日本人が増えているという実感がありません。

ENGLISH CAMPでは日本人がなかなか英語を話せるようにならない理由として次の2つの要素があると考えています。

1. そもそもの「英語を話せる状態」のゴール設定が間違っている(目標が高すぎ)

2. 英語の勉強法や、勉強に対する姿勢が間違っている(ムダな勉強をしている)

本トークセッションでは、ソニー、電通、BCG、財閥系総合商社、JICAで勤務経験のあるビジネスパーソン5名が集い、

日本人ビジネスパーソンが海外ビジネスで使っている英語の実際

と、

各人が英語を身につけた時の勉強法

について語ります。

一見華々しくみえる海外ビジネスの裏側で、

彼らが英語でどのように苦労し、

その苦労をどのように乗り越えたか、

飾りのない現実を本音トークで語ってもらいます。

セッション後に30分ほどの懇親会も行います。登壇者、参加者との良い出会いの場となれば幸いです。

このイベントはこんな方におすすめです。

・仕事で英語を使いたい方
・2018年は英語を勉強したいと思っている方
・自分は英語ができないと思っている方
・英語が話せるようにならずに悩んでいる方
・英語に関わる教育・研修担当の方

当日はこんな内容について本音トークします。

・海外で仕事をしている日本人は実際どんな英語を話しているのか?
・ビジネス英語は難しいのか?
・日本人はなぜ英語を話せるようにならないのか?
・話せるようになるためにどんな勉強をしたのか?
・海外ビジネスで見かける残念な日本人ってどんな人?
・TOEICは何のために受けるのか?

日時などの詳細は以下の通りです。

【日時】
2018年1月22日(木)20:00~22:00(19:45開場)

【会場】
六本木 The P@rk
東京都港区元麻布3-1-35 VORT元麻布 4F
https://hitomedia.jp/access/

【参加費】
1000円

【参加お申し込み】
こちらのページよりお申し込みください

【登壇者プロフィール】
八十川 祐輔
株式会社ワイノット 代表取締役。東京大学工学部建築学科卒。イェール大学経営大学院 経営学修士課程(MBA)。日本電信電話株式会社、ボストン・コンサルティング・グループ、ブティック系投資銀行(取締役)、独立系証券会社(代表取締役)、都内中堅食品スーパー(株式会社オオゼキ)代表取締役、独立系コンサルティング会社(ディレクター)を経て当社創業。

中学校入学とともに父親から「アメリカ口語教本」(研究社)の初級・中級・上級の3冊を丸暗記させられたことで、相当数の単語とイディオムを身に付けた結果、中学1年生で英検2級に合格する。その後、中学2年生で高校2年生の兄と二人で渡米し、テキサス州のホストファミリーの下で1年間を過ごし、日常英会話(聞き取る力、表現する力)を身に付ける。社会人になってから社費留学で米国イェール大学の経営大学院に入学し、MBA(経営学修士号)を修了し、会計、数学、経済、人事等の経営に関する専門的な英語についても習得。

吉野次郎
Center for Asia Leadership 日本代表。京都大学大学院卒(経済学修士)、ハーバード大学ケネディースクール行政大学院卒(行政学修士、MPA)。電通総研、内閣官房、電通営業局を経て2013年に独立、数々の事業の立ち上げに参画。アジア全体にリーダシップ教育を普及するCenter for Asia Leadership (本部:マレーシア) の立ち上げに日本代表として参画。マレーシアを代表する不動産開発グループのSUNWAYより 支援を受けて、アジア全土にプログラムを展開している。

電通営業局時代は、大手消費財メーカーの主力商品をコミュニケ―ション責任者として担当。マーケティング、ブランディング、プロモーションに従事。日本で初めてハリウッドのアニメ映画製作会社ドリームワークスに日本企業オリジナルのCFの作成を依頼、国境を越えたチームをリードしながら新しいCF、コミュニケーションを実現させた。

海外在住や留学経験のないまま、30代に米国への2年間の留学を経験。世界で活躍したい人の後押しができればと考えている。
米日財団(本部:ワシントンD.C.) 日米ヤングリーダシッププログラムフェロー
Center for Strategic and International Studies (本部:ワシントンD.C.)2015年AILAフェロー

山原 すすむ
ビジネスコーチ、企業研修コーチ、グローバルマーケティング・コンサルタント。神戸大学経済学部(国際経済学)卒業後、半年間のロサンゼルスでの英語留学を経て、1990年9月ソニー入社。ハンディカムなどデジタルイメージング商品の全世界向けプロダクト企画を担当し、ヒット商品を創出。入社当時は、海外の販売会社に対して留学時代そのままの英語でプレゼンし、上司から”全然伝わらない”と言われて挫折。ビジネス英語を再度学び直し、英語で伝わるプレゼンのスキルを習得して実践を重ねる。その後、シンガポールに海外赴任し、プロダクト・マネージャーとして日本人と現地のローカルスタッフを率いて、アジア〜中東〜アフリカ圏全域の地域マーケティングを統括。自分のチームや各国の担当者とは英語によるビジネスコミュニケーションで業務を行う。ソニー本社に帰任後は、音楽業界と協力して音楽配信プラットフォームの立ち上げを行った後、企画マーケティング部門のマネージャー(担当部長)として電子書籍サービスの日米欧のグローバル展開を推進。2014年に独立し、現在はビジネスコーチ、企業研修講師として、管理職や現場リーダー、海外赴任者などの人材育成に従事。同時にグローバルマーケティング・コンサルタントとして、新しい電子書籍商品の海外展開を担っている。

合澤 栄美
株式会社ミライロ 経営企画室 ディレクター。独立行政法人国際協力機構(JICA)に約21年間勤務し、2017年5月から現職。JICA在職中に、国際機関との援助協調、社会保障分野の技術協力プロジェクトの計画・実施促進・評価、途上国から来日した人材に対する研修の企画・運営、広報・メディア対応等に従事。カンボジア、タイ、パラグアイの駐在経験あり。

小学生の頃、自宅でホームステイを受け入れたことがきっかけとなり、外国語や外国人とのコミュニケーションに興味を抱き、高校2年生の1年間をアメリカのホストファミリーと共に過ごす。埼玉県の公立高校を経て上智大学外国語学部英語学科(国際関係副専攻)在籍中にアメリカのブランダイス大学に1年間留学し、開発人類学を学ぶ。さらにJICA在職中、イギリスのリーズ大学大学院で「障害と開発」修士号(MA Disability and Development)を取得。留学経験に加え、JICAカンボジア事務所(4年弱)およびタイ”Asia Pacific Development Center on Disability”(2年間)での業務を通じて、英語を介したコミュニケーション力と多様な環境における適応力を身に着ける。英検1級、TOEIC985点。

大山 慶
財閥系総合商社に勤める現役の商社マン。早稲田大学大学院 先進理工学研究科卒。総合商社に入社し、消費財ビジネスの事業投資案件を担当、日系消費財メーカーの海外進出をM&A、市場調査、戦略立案の面から支援。その後米国の大手消費財メーカーに出向、米国駐在。購買部門のマネージャーとして化学品、紙製品、包材などの購買業務を担当。帰国後は消費財メーカーに出向し、グローバルマーケティング本部にてブランドマーケティング業務に従事。TOEIC 985 点、フランス語検定 準 1 級、ドイツ語 2 級。

モデレーター:戸田輝
ENGLISH CAMP代表
地方公立小中高校から海外在住や留学経験のないまま、塾・予備校に一切通わず、自身で確立した「脳に負荷をかけ続ける勉強法」で英語を勉強し、上智大学 外国語学部 英語学科に入学。同大学にて学業奨励賞を1年次に受賞。

伊藤忠商事にて海外での通信プロジェクト、シリコンバレーベンチャーとの折衝、アジアの生産者と国内製造業とのライセンス交渉、技術通訳などを担当。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)に2年間MBA留学。さらに留学中にイタリア語を勉強し、イタリア、ミラノのボッコーニ大学に交換留学。ボストン コンサルティング グループにて国際プロジェクトを担当。グロービス経営大学院にてCritical Thinking、Operation Strategy、Creativity and Organization Managementなどの英語科目の講師を担当。

【参加お申し込み】
こちらのページよりお申し込みください

【主催】
ENGLISH CAMP
https://www.englishcamp.jp/

【告知協力】
POLYGLOTS
https://www.polyglots.net/